Mac って何?それって美味しいの?

マイコンと呼ばれた時代から現在まで、使用記から何から何でも。

小学生の息子にプログラミングを教える 第2回

第2回 micro:bitを使ってみる

作成したLED表示プログラムをmicro:bitにダウンロードし、

動作を確認します。

 

目次

 

micro:bitの準備

f:id:yummac:20191122115858j:plain

f:id:yummac:20191122115908j:plain

BBC Micro:bit(マイクロビット)正規品 (Telec バージョン)

BBC Micro:bit(マイクロビット)正規品 (Telec バージョン)

  • 出版社/メーカー:イカー専門店
  • メディア:
 
Amazonベーシック USBケーブル 0.9m (2.0タイプAオス - マイクロBケーブル) ブラック

Amazonベーシック USBケーブル 0.9m (2.0タイプAオス - マイクロBケーブル) ブラック

  • 出版社/メーカー: Amazonベーシック(AmazonBasics)
  • メディア: Personal Computers
 

必須となるものは、micro:bit本体USBケーブルだけです。

ホント、パソコンとmicro:bitを、USBケーブルで繋げるだけです。

簡単すぎて、逆に不安になります。

 

パソコンに繋いだときは、パソコンから給電されますが、

ほかの給電方法は、こちらのサイトが参考になります。

マイクロビットに電源を接続する方法 « osoyoo.com

私は、電池ボックスとケースのセットを購入しました。 

アクリル板に貼られている保護シートが剥がれず、てこずりました。

ぬるま湯に浸すと、剥がしやすくなります。

電池は、つけっぱなしでガッカリしないよう、

私は、単4の充電電池を使っています。

モバイルバッテリーをお持ちであれば、

それでも可能かと思います。

 

なお、スマートフォンiPhoneにAppをインストールし、

Bluetooth経由で、コードを送ることも可能です。

アプリ | micro:bit

 iPhoneで試しましたが、iPhoneの設定からではなく、

App上でペアリング操作をします。

 

 

micro:bitにコードを送る

micro:bitとパソコンをつないだ状態で、左下の[ダウンロード]をクリックします。

f:id:yummac:20191030112531p:plain

コード送信中は、micro:bitのUSB端子横のインジケータがピカピカ光ります。

正常に送られると、送られたプログラムが実行されます。

「ダウンロードが終わらない」

「インジケータがピカピカしない(点灯のまま)」

などの場合は、送信できていない恐れがあります。

アプリの再起動、USBケーブル再接続、パソコン再起動などで復旧、

再送信を試みてください。

 

息子が作った「1から30まで順に表示するプログラム」を

送信してみました。(”14”を表示中)

f:id:yummac:20191122120346j:plain

 

USBケーブルの抜き差しは、端子の向き誤りに不安があるため、

小学1年生の息子ではなく、私がやっています。

micro:bitを扱うときの注意事項や機能説明は、

資料を作り見せました。

f:id:yummac:20191122123912j:plain

f:id:yummac:20191122123915j:plain

 

次回は、micro:bitを揺さぶったり、ボタンを押したりしたときの動作を

プログラミングします。

 

マイコンBASICマガジン 昭和59年1月号

女子高生プログラマ高橋はるみ」さん。

彼女と「森巧尚」さんの対談記事が載っています。

架空の人物説もありましたが、

はるみちゃんは、「はるみちゃんの文章」そのままっていうかイメージと同じ

と、森さんが言っているので、

ホントに(ふつうの?)女子高生だったんだな、と。

でも、顔写真とか全くないので、

なんだかスッキリしないですね。

.

   

.

マイコンBASICマガジン 昭和59年1月号 電波新聞社 特別定価350円

f:id:yummac:20191121151430j:plain

f:id:yummac:20191121151437j:plain

f:id:yummac:20191121151444j:plain

マイコンBASICマガジン アーカイブ

f:id:yummac:20190731122728j:plain

マイコンBASICマガジンアーカイブ

当ブログの「マイコンBASICマガジン」記事一覧です。

今後も随時、追加予定です。

 

f:id:yummac:20190702134217j:plainラジオの製作別冊付録 マイコンBASICマガジン
f:id:yummac:20190710160442j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年4月号
f:id:yummac:20190730102942j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年5月号
f:id:yummac:20190806105319j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年6月号
f:id:yummac:20190817153652j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年7月号
f:id:yummac:20190826163259j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年8月号
f:id:yummac:20190911094657j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年9月号
f:id:yummac:20190925170722j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年10月号
f:id:yummac:20191005111408j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年11月号
f:id:yummac:20191023102954j:plainマイコンBASICマガジン 昭和58年12月号
f:id:yummac:20191121151430j:plainマイコンBASICマガジン 昭和59年1月号
 

テクノポリスムック プログラムポシェット NO.8

投稿ゲームプログラム雑誌「プログラムポシェット」

ゲームのアイデア、プログラミング技術とも
すぐれた作品が数多く掲載されており、愛読してました。
当時は、突然の廃刊をとても残念に思いました。

 

この頃は、パソコン2台目となる「富士通 FM-77AV」を

買って(もらい)ました。

4096色グラフィック、FM音源、日本語(漢字)表示など、

わくわくする機能搭載のマシンでした。

プログラムポシェットには、FM-7・77のプログラムが

掲載されおり、遊ばせていただきました。

 

テクノポリスムック プログラムポシェット NO.8

昭和61年5月10日発行 定価330円 徳間書店

f:id:yummac:20191120164736j:plain

f:id:yummac:20191120164744j:plain

f:id:yummac:20191120164751j:plain

プログラムポシェット アーカイブ

f:id:yummac:20190802123838j:plain

投稿ゲームプログラム雑誌「プログラムポシェット」アーカイブ

当ブログの「プログラムポシェット」記事一覧です。

今後も随時、追加予定です。

 

テクノポリス増刊 プログラムポシェット VOL.1
テクノポリス増刊 プログラムポシェット VOL.2
f:id:yummac:20190701110957j:plainテクノポリス増刊 プログラムポシェット VOL.3
f:id:yummac:20190705110759j:plainテクノポリス増刊 プログラムポシェット VOL.4
f:id:yummac:20190802115351j:plainテクノポリス増刊 プログラムポシェット VOL.5
f:id:yummac:20190801131953j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット'85 NO.1
テクノポリスムック プログラムポシェット'85 NO.2
f:id:yummac:20190824170620j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット'85 NO.3
f:id:yummac:20190905164344j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット'85 NO.4
f:id:yummac:20190920111726j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット'85 NO.5
f:id:yummac:20191001152703j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット NO.6
f:id:yummac:20191018152303j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット NO.7
f:id:yummac:20191120164736j:plainテクノポリスムック プログラムポシェット NO.8
テクノポリスムック プログラムポシェット NO.9
テクノポリスムック プログラムポシェット NO.10
テクノポリスムック プログラムポシェット NO.11
テクノポリスムック プログラムポシェット NO.12

小学生の息子にプログラミングを教える 第1回

第1回 パソコンの使い方を教える

パソコンの操作を教えながら、MakeCodeエディタ を使って、

micro:bit のLEDを表示するプログラムを作ります。

 

目次

 

子ども用パソコン環境準備

まず、子どもがパソコンを使う環境(アカウント)を用意します。

なんでも好奇心をもって、あれこれ操作してしまったり、

宿題もやらずに夢中になってしまうのを防ぐために、

子ども用のアカウントで、使用制限の設定をします。

子ども用のアカウント作成は、下のサイトを参考にしました。

nec-lavie.jp

 

また、使わせたくないアプリは

デスクトップのショートカットを削除、

「スタートからピン留めを外す」、

またはアンインストールします。

特にWindows10は、もれなく複数のゲームアプリが

強制的にインストールされるので

惜しまずアンインストールしました。

 

MakeCode インストール

インストールしなくてもブラウザからMakeCodeは使えますが、

関係ないサイトを閲覧してしまうことを防ぐため、

アプリのMakeCodeを使用します。

アプリは無料でダウンロードできます。

Microsoft MakeCode for micro:bit ストア

もし、インターネットに接続しないで使いたい場合は、

オフライン版も用意されています。

Using MakeCode offline

 

パソコンの操作

まだ、息子は小学1年生なので、パソコンを使えるのは

親が見ていられる間だけに制限するため、

Windowsアカウントのログインパスワードを教えてません。

「宿題が終わったら、使えるようにしてあげるよ」

と言うと、いつもはダラダラやっていた宿題のスピードが速くなりました。

当面は、MakeCodeエディタのみの使用と考えているので、

MakeCodeアプリの起動まで親がします。

 

f:id:yummac:20191030112531p:plain

まず手始めに、画面やマウス操作の説明をしながら

MakeCodeでチュートリアルの「点滅するハート」をやりました。

画面左のシミュレータに結果が表示されるのを見て、

息子は「おお、すげぇ」「たのしいー」と喜んでいました。

LEDの表示する点を好きなように変えたり、

表示するブロックを追加できることを教えてあげると、

5 x 5 の点のなかで数字を描き始めました。

そして、息子オリジナルの「1から21まで順に表示するプログラム」が

できあがり、今日はここまでとしました。

(翌日、30まで増えました。)

 

次回は、実機 micro:bitを使うため、注文しました。

2千円程度で買えるので、お財布にやさしい。

BBC Micro:bit(マイクロビット)正規品 (Telec バージョン)

BBC Micro:bit(マイクロビット)正規品 (Telec バージョン)

  • 出版社/メーカー:イカー専門店
  • メディア:
 

必要に応じて購入(ケース、電池ボックス、ケーブルなど)

Amazonベーシック USBケーブル 0.9m (2.0タイプAオス - マイクロBケーブル) ブラック

Amazonベーシック USBケーブル 0.9m (2.0タイプAオス - マイクロBケーブル) ブラック

  • 出版社/メーカー: Amazonベーシック(AmazonBasics)
  • メディア: Personal Computers
 

私の遊び心のため

ワニ口クリップコードセット(10本セット)CM11

ワニ口クリップコードセット(10本セット)CM11

  • 出版社/メーカー: VELLEMAN
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

Microsoft Access ランタイムモードでライセンス認証の回避と高速化

システムエンジニア時代から、ちょっとしたデータ処理に

Microsoft Access を利用しています。

ユーザインタフェースや帳票が手軽に作れるのと、

データベース処理文をビジュアルで作成、

実行結果も容易に確認できるので、

Access は、とても便利なデータベースシステム開発環境です。

.

 

目次

 

現在は、私自身の個人事業の事務処理システムと、

要望に応じて、知り合いの事業の事務処理システムを

Access で開発・運用しています。

 

開発・実行環境構築のため、Microsoft Office 365 を

インターネット経由でインストールしますが、

セキュリティ面の考慮や、ほかのソフトウェア利用の関係で、

Accessで作成した事務処理システムの通常使用時は、

インターネット接続を閉ざした環境で運用しています。

 

サブスクリプション購入で、問題となるのが「ライセンス認証」です。

インストール後、数か月すると、「ライセンスのない製品」と表示され、

処理によっては、実行時エラーが発生する場合があります。

ライセンス再認証のため、一時的にインターネットに接続しますが、

なかなか再認証されなくて、業務に支障をきたすことがありました。

 

対策方法を模索して見つけたのが、「ランタイムモード」です。

 

Accessがない環境では、Accessで作成したデータベースを実行するため

実行機能のみの「Access Runtime版」をインストールして利用しますが、

この場合、Access(Microsoft Office) のライセンスは不要です。

もちろん、開発は別のPCで行うため、同じ動作をするかどうか

検証する必要があります。

このランタイムモードは、おそらく

「Runtime環境の動作確認」のためにある機能かと思います。

 

ランタイムモードのメリット

  • ライセンス認証が不要
  • /runtime オプションだけで簡単
  • 実行速度が速くなる

 

ランタイムモード設定方法(ショートカット利用)

  1. (データベース名).accdb または (データベース名).mdb のショートカットを作成する。
  2. 作成したショートカットのプロパティを開く
  3. [リンク先]の先頭に、MSACCESS.EXEのフルパスと、末尾に /runtime をつける。
例)"C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16\MSACCESS.EXE" "C:\Users\User\Documents\MyDatabase.accdb" /runtime

f:id:yummac:20191024131220j:plain

 

ランタイムモードの確認

作成したショートカットを実行すると、

Accessのスプラッシュウィンドウ無しでウィンドウが開きます。

ウィンドウ右最下部に「Microsoft Access の機能を利用しています」

が表示されます。

高速起動、実行速度も速くなったのが実感できると思います。

 

ライセンス認証問題の回避のための方法でしたが、「高速化」の思わぬ副産物に、

今、利用しているすべてのシステムをランタイムモード起動に変更しました。

テスト不十分ですが、何かあれば「知り合い」からすぐ連絡くるでしょう。